健康科学

オメガ3脂肪酸食品を摂るとガンになる!?正しいオメガ3脂肪酸との付き合い方とは?

スポンサーリンク
健康科学

こんにちは、勝瀬です。
今回は健康に良い効果があるとされているオメガ3脂肪酸食品について書きたいと思います。
人によってはブログタイトルで不安に思った方もいるのではないでしょうか。
そういう方こそ是非この記事を読んでください。

スポンサーリンク

・そもそもオメガ3脂肪酸って?

オメガ3脂肪酸は多価不飽和脂肪酸(PUFA)と呼ばれる油の一種です。
オメガ3脂肪酸にはEPAやDHAなどが含まれます。
DHAと聞いてピンときた方もいると思いますが、オメガ3脂肪酸は主にサケやマグロなどの脂肪が多い魚や、カニやカキなどの甲殻類の仲間に多く含まれている油です。
また、海産物だけでなく大豆やセイヨウアブラナなどの植物性食品にも多く含まれています。
他にも最近ではオメガ3脂肪酸のサプリメントなども出ていますね。
健康に気を付けている方はオメガ3脂肪酸を多く含むアマニ油のドレッシングを使用していたり、サプリメントを積極的に摂っていたりするかもしれません。

・オメガ3脂肪酸って身体にいいの?

オメガ3脂肪酸で検索すると身体にいい効果があると謳うサイトが数多くヒットしますが果たしてそれは事実なのでしょうか。
検索すると出てくる健康効果には
・血中中性脂肪の低下
・動脈硬化の防止
・ガンのリスクの低減
・代謝の増加
・心疾患のリスクの低減
などが挙げられます。
しかし、この中で正しく実験が行われ証明されているものは
・血中中性脂肪の低下
・動脈硬化の防止
・心疾患のリスクの低減

のみです。
しかし、この3つだけでも素晴らしい効果です。
ではなぜ最新の研究ではオメガ3脂肪酸が身体に悪い効果があると言われる説が出てきているのでしょうか。

・オメガ3脂肪酸が身体に悪い?

前述の説明でオメガ3脂肪酸の身体への良い影響については十分に知ることが出来たかと思います。
しかし最新の研究ではオメガ3脂肪酸の健康への悪影響が懸念されているのです。
その理由はオメガ3脂肪酸が酸化にとても弱い油であるという事が主な理由です。
ではなぜ酸化に弱いといけないのでしょうか?
オメガ3脂肪酸などの多価不飽和脂肪酸(PUFA)は長期の保存や加熱により酸化し、その結果アルデヒドと呼ばれる物質が生じます。
アルデヒドは多くの生物にとって有害な物質で代表的な発がん性物質の1つです。
つまりオメガ3脂肪酸は長期保存や加熱により発がん性物質を生み出してしまうのです。
ではオメガ3脂肪酸と私達はどの様に付き合っていけばよいのでしょうか。

・正しいオメガ3脂肪酸の摂り方とは?

オメガ3脂肪酸を正しく摂取して健康になるために必要な事は2つです。
それは
・新鮮な油を使い、長期の保存をしないこと(品質劣化で異臭がします)
・加熱調理には使わないこと

です。
健康ブームの影響でオメガ3脂肪酸を含む油を用いて揚げ物などをされている方もいるかもしれませんが、もってのほかです。
今すぐに止めましょう。
他にも危険なのは魚のフライです。
私も好きで健康に悪いと知りながらもつい食べてしまうのですが、オメガ3脂肪酸の観点から述べますと最悪の食べ物です。
なるべく控えるようにしましょう。
また、サプリメントでの摂取は基本的に意味がないとのデータが出ています。
しかし、サプリメントもダメで加熱調理が出来ないとなると生で海産物等を食べるかサラダにかけるなどをして食べるしかないの…?と困ってしまいますよね。
実は美味しくて簡単な最新の調理法があるんです。
それについても詳しく述べたいと思いますので後日記事を書き次第リンクを貼らせていただきます。
もやもやするような終わり方で申し訳ないですがまたお会いしましょう。

※追記
最新の調理法についての記事を書きました。

加熱調理にはガンのリスク?最近注目されている最新の調理法とは?

スポンサーリンク
勝瀬敏行をフォローする
発酵学研究者が語る健康とエビデンス
タイトルとURLをコピーしました