健康科学

【発達障害】子供における発達障害は壊血病の危険を高める

スポンサーリンク
健康科学

こんにちは。
発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回は発達障害が壊血病のリスクを高めるという研究の紹介です。

発達障害とは?

一口に発達障害と言っても様々なタイプがあります。
自閉症やアスペルガー症候群、ADHD…挙げていけばキリがありません。
共通しているのは生まれつき脳の一部に障害を持っているという点です。
一人の人でいくつもの発達障害を抱えている場合もある為、同じタイプの発達障害を抱えていても一人一人全く異なることもあります。
詳しい症状に関してはこちらでは触れませんので検索してみてください。

壊血病とは?

壊血病とはビタミンC不足で引き起こされる病気で、大航海時代には200万人もの人が壊血病で命を落としたとされています。
壊血病の主な症状は文字の通り、身体が壊れていき出血が生じる事です。
身体に小さな血豆が出来始め、それが腫瘍になります。
また、それだけでなく過去に骨折をした場所が再び折れ、古傷が開きます。
これだけでも恐ろしい病ですが、体内では動脈や毛細血管が損傷し、体中で出血が生じます。
これ以上はあまりにも恐ろしい為記載しませんがとても恐ろしい病です。

発達障害が壊血病のリスクを高める?

今回紹介する研究はアメリカにある世界的な歯科病院である【 Kids World Pediatric Dentistry 】によるものです。
以下研究による発表内容です。

壊血病は過去の恐ろしい病だと考えられがちですが、依然として存在している恐ろしい病です。
特に発達障害のある子供や、食事制限をされている子供に多く見られています。
壊血病は希少性、そして症状が様々である事から診断が難しいケースが多々あります。
今回の研究はデータ解析を行ったものですが、壊血病と診断された子供のほとんどは自閉症などの発達障害を抱えていました。
発達障害と壊血病の関係は明らかではありませんが、自分の周りに発達障害を抱えている人がいる場合は気をつけなければなりません。

以上、研究に記載されていた内容を簡単にまとめました。
恐ろしい病である壊血病にならない、させない為にもしっかりと対策をしたいですね。

壊血病対策には何をしたらいいの?

壊血病は基本的にビタミンCの不足からなる病です。
その為壊血病にならない為には積極的にビタミンCを摂取する必要があります。
そこで私がお勧めしたいのはサプリメントによるビタミンCの摂取です。
ただ、サプリメントとなると子供はなかなか飲んでくれない場合があります。
そこでお菓子感覚で食べることの出来るビタミンCサプリメントを紹介します。

こちらのサプリメントは量も多く値段もお手頃、そして食べるタイプのサプリメントですので子供にもすすんで食べてもらえると良い事だらけです。
たった少しの買い物で愛する人の健康を守ることが出来るなら買わない手はありませんよね。
もちろん、健康な方にもおすすめですので是非お試しください。

以上、壊血病と発達障害についての記事でした。
いかがでしたか?
今後も様々な研究を紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

参考文献
厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html

The risk for scurvy in children with neurodevelopmental disorders.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32330999

タイトルとURLをコピーしました