発酵食品

菌が生きた発酵食品を食べなきゃ意味がない?間違えた知識に気を付けて!

スポンサーリンク
発酵食品

こんにちは。
発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回は発酵食品についての記事です。
菌が生きた発酵食品を食べなければ意味がないという発信をしばしば見かけますのでそれについて解説したいと思います。

発酵食品が身体にいいのはそもそもなぜ?

健康に良いと言われて注目されている発酵食品ですが、そもそもなぜ身体に良いのでしょうか?
様々な理由がありますが今回は簡単にまとめてご紹介します。

発酵食品が健康に良いとされる理由は大きく分けて3つあります。

1 つ目は微生物による発酵の過程で生み出された物質が身体に良いパターンです。
微生物はタンパク質をアミノ酸へと分解したり、でんぷんを糖へと分解したりと食べ物を消化しやすく、身体に優しい形へと分解してくれます
また、それだけでなく微生物は生育の過程で人々の身体に良いとされる物質を作り出してくれる事が数多くあります。
その為、私達は発酵食品を摂る事で健康になる事が出来るのです。

2つ目は微生物自体が身体に良いパターンです。
微生物は菌体内に様々な酵素や栄養を持っています。
その為それを食べる事で身体に良い影響がもたらされることがあります。
例えば、乾燥させた乳酸菌を摂取することで健康効果が見られたとする研究などがあります。

3つ目は微生物が生きたまま体内で健康の為に働いてくれるパターンです。
乳酸菌の一部がこのパターンに当てはまるとされています。
一般的にこのイメージで発酵食品を捉えている方が多い印象です。
その為、健康食品詐欺を行っている人々は【生きている】事を売りにする事が多いです。
ただ、微生物が生きている状態のものを摂っても変わらないのでは?と私は考えています。
もっと言ってしまえば微生物が生きているという事だけを商品の売りに宣伝しているような方が居れば、その方は何も知らない方、あるいは健康詐欺師の方である可能性が高い為信用しない方が良いかもしれません。

微生物が生きている事が売りにならないと考えるのはなぜ?

微生物が生きているという事を売りにしている商品をしばしば見かけますが、そもそも微生物が生きている事のメリットはなんなのでしょうか?

多くの場合は微生物が生きている為健康に良いと謳っていますが、それは本当なのでしょうか?
一部の菌を除いて私は微生物が生きている事が身体に良い理由を知りません。
出来れば教えていただけないかな、と思うぐらいです。
そもそも生きた微生物を摂取したところでほとんどは胃液で死んでしまいます
また、そこを通り抜けられたとしても腸内はガスが充満しており酸素がありません
その為胃液、無酸素を耐え抜ける様な菌のみしか腸内までたどり着けないという事になります。

強い菌の代表格である納豆菌も腸内では酸素が無い為に死んでしまいます
腸内環境を良くするという事で乳酸菌が有名ですが、実は乳酸菌も腸内まで生きてたどり着けるのはごく僅かです。

つまり、多くの場合微生物が生きているか生きていないかは関係ありません
体内でほとんどの菌は生きていられないのですから。

生きている。という言葉は大変魅力に見えますが変な情報に振り回されない様にお気を付けください。
微生物が生きていないものでも発酵食品は健康に良い為安心してくださいね。

以上、発酵食品についてでした。
いかがだったでしょうか。
これからも間違えた知識に気を付けて健康で明るい毎日をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました