健康科学

WHOが提唱するコロナウイルスに対する対策方法とは?(和訳)

健康科学

こんにちは。
発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回はWHOが提唱している個人のコロナウイルス対策方法を翻訳しましたので、それをご紹介致します。

原文はこちらです。
Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public-WHO HP
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public

コロナウイルス対策で個人で気を付ける事

①手を頻繁に洗う事

定期的にしっかりとアルコール、又は石鹸を用いて手を綺麗にしてください。

なぜ?
石鹸と水で手を洗ったりアルコールで手をこすることで、手にいるかもしれないウイルスを殺す為です。

②他の人との距離を保つ事

自分と咳やくしゃみをしている人との間の距離を最低でも1メートルに保ってください。

なぜ?
誰かが咳やくしゃみをすると、せきやくしゃみと共に鼻や口からウイルスを含んでいる可能性のある小さな水滴を噴霧します。
咳をした人に病気がある場合、COVID-19ウイルス(コロナウイルス)を含む水滴を吸い込む可能性があります。

③鼻や口、目を触らない事

なぜ?
手は多くの場所に触れる為、ウイルスが付着しているがあります。
ウイルスが付着している手で目、鼻、口に触れると、そこからウイルスが体内に入り込み、病気になります。

④周囲と自分の衛生的な呼吸環境を整える事(咳やくしゃみをするときは口鼻を覆うこと)

あなたと周りの人々の衛生的な呼吸環境を守るようにしてください。
咳やくしゃみをするときに、曲がった肘やティッシュを用いて口と鼻を覆うことを意味しています。
その後、使用したのティッシュはすぐに捨てるようにしてください。

肘で口を覆う?となる方もいると思いますのでイメージ画像です。
画像の男性は臭いを防ぐ為に覆っているだけですがイメージは掴めるのかと思います。

なぜ?
口や鼻から出た水滴がウイルスを拡散します。
衛生的な呼吸環境を守ることで、風邪、インフルエンザ、COVID-19(コロナウイルス)などのウイルスを周囲の人々に拡散してしまうのを防ぎます。

⑤発熱や咳、呼吸困難などがある場合は早めに医療機関に相談してください

体調が優れない際は家にいるようにしてください。
また、発熱、咳、呼吸困難等の症状がある場合は、早めに医師の診察を受けてください。
その際には事前に地元の保健所に電話をして保健所の指示に従ってください。

なぜ?
国内および地方自治体が、住んでいる地域の状況に関する最新情報を入手する為です。
また、事前に電話することで医療提供者は適切な医療施設に迅速に誘導できます。
これらのことはあなたを保護し、ウイルスやその他の感染の拡散を防ぐのに役立ちます。

⑥最新情報を入手し、医療提供者からのアドバイスに従ってください

COVID-19(コロナウイルス)の最新の情報を入手する様にしてください。
COVID-19(コロナウイルス)から自分や他の人を守る方法については、医療提供者、国および地方の保健所、または雇用主からのアドバイスに従ってください。

なぜ?
国および地方自治体は、COVID-19(コロナウイルス)があなたの地域に広がっているかどうかに関する最新情報を入手しています。
あなたの地域の人々が自分自身を守るために何をすべきかについて一番知っているのはあなたが住んでいる国、及び地方自治体です。
国、及び地方自治体のアドバイスが最適であると考えて行動してください。

COVID-19(コロナウイルス)が拡散している地域にいる、または最近訪れた(過去14日間)人はどうするべきか?

①まずは上記の内容に従ってください。

②頭痛やわずかな鼻水などの軽い症状であっても、回復するまでは家にいてください。

なぜ?
他の人との接触や医療施設への訪問を避けることで、COVID-19(コロナウイルス)や他のウイルスからあなたや他の人を保護する為です。
(医療施設を訪れてコロナウイルスを広めるリスクを下げる為)

③発熱、咳、呼吸困難が発生した場合は、呼吸器感染症またはその他の深刻な症状になる可能性があるため、早急に医師の診断を受けてください。
その際は事前に電話し、あなたの最近の旅行先、または最近どこへ旅行をした人接触したかを伝えてください。

なぜ?
事前に電話をすることで、医療提供者は適切な医療施設に迅速に誘導できます。
これは、COVID-19(コロナウイルス)およびその他のウイルスの拡散の防止にも役立ちます。

以上がWHOが提唱している個人のコロナウイルス対策についての和訳です。
言われている事ばかり、と軽んじるのではなく言われている事がどれだけ大事なのか。という事を改めて認識する様にしてください。

参考文献
Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public-WHO HP
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public

タイトルとURLをコピーしました