【男性必見】〇〇を食べるとテストステロンが増える?テストステロンを増やして活力のある毎日を!

健康科学

発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回は生姜を食べると男性ホルモンとして有名なテストステロン増大するかもしれないという記事です。
筋トレを行っている方は特に気になる記事かもしれませんが、それ以外の方もテストステロンの減少は健康リスクに関わってきますので是非読んでください。

テストステロンってそもそもなに?

テストステロンが増大するといきなり言われてもテストステロンってなに?という感じですよね。
そこでまずテストステロンについて説明したいと思います。

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
男性ホルモンの一種ですので声変わりなど、第二次性徴にも関係しています。
大人になるとテストステロンは主に筋肉や骨格の成長促進に働きます。
筋トレをしている方の中にはテストステロンを増やそうとサプリメントを飲んでいる方もいますね。

その他に性欲等にも関わっています。
テストステロン値が高い程異性を惹きつけるフェロモンを多く分泌するということでモテホルモンと呼ばれることもありますね。

また、精神的な影響もあるとされています。
テストステロン値が増大すると、たくましくなったり自信がつく他、攻撃性など所謂男っぽさが増します

基本的に過剰にならない程度であれば増やしておいて損はないホルモンだといえるでしょう。

テストステロンが減少するとどうなるの?

テストステロンが少なくなると考えが男性的でなくなり女々しくなる積極性がなくなったり、保守的になる。)他、自信を失いがちになるといった話もあります。

また、精神的な影響だけでなく、不妊症や糖尿病、骨粗鬆症のリスクが上がるといった報告があります。
テストステロンの分泌量は 一般に30歳ごろから減少し始め、年1-2%の割合で減少するそうです。
また、テストステロンの量ストレスなどで急激な減少を起こすことがあり、急激な減少を起こすと男性更年期障害を起こす可能性があります。
テストステロンの量は生活習慣などの影響を受けやすい為、高齢になっても30代と変わらないテストステロン量の方も稀にいます。
また、 20-40代でテストステロンの値が低い場合は2型糖尿病やメタボリック症候群うつ病のリスクが増大するという報告がある為、注意が必要です。

では今回ご紹介する生姜とテストステロンに関する研究についてです。
次のページをご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました