健康科学

【男性必見】生姜を食べるとテストステロンが増える?テストステロンを増やして活力のある毎日を!

健康科学

発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回は生姜を食べると男性ホルモンとして有名なテストステロン増大するかもしれないという記事です。
筋トレを行っている方は特に気になる記事かもしれませんが、それ以外の方もテストステロンの減少は健康リスクに関わってきますので是非読んでください。

テストステロンってそもそもなに?

生姜を食べるとテストステロンが増大するといきなり言われてもテストステロンってなに?という感じですよね。
そこでまずテストステロンについて説明したいと思います。

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
男性ホルモンの一種ですので声変わりなど、第二次性徴にも関係しています。
大人になるとテストステロンは主に筋肉や骨格の成長促進に働きます。
筋トレをしている方の中にはテストステロンを増やそうとサプリメントを飲んでいる方もいますね。

その他に性欲等にも関わっています。
テストステロン値が高い程異性を惹きつけるフェロモンを多く分泌するということでモテホルモンと呼ばれることもありますね。

また、精神的な影響もあるとされています。
テストステロン値が増大すると、たくましくなったり自信がつく他、攻撃性など所謂男っぽさが増します

基本的に過剰にならない程度であれば増やしておいて損はないホルモンだといえるでしょう。

テストステロンが減少するとどうなるの?

テストステロンが少なくなると考えが男性的でなくなり女々しくなる積極性がなくなったり、保守的になる。)他、自信を失いがちになるといった話もあります。

また、精神的な影響だけでなく、不妊症や糖尿病、骨粗鬆症のリスクが上がるといった報告があります。
テストステロンの分泌量は 一般に30歳ごろから減少し始め、年1-2%の割合で減少するそうです。
また、テストステロンの量ストレスなどで急激な減少を起こすことがあり、急激な減少を起こすと男性更年期障害を起こす可能性があります。
テストステロンの量は生活習慣などの影響を受けやすい為、高齢になっても30代と変わらないテストステロン量の方も稀にいます。
また、 20-40代でテストステロンの値が低い場合は2型糖尿病やメタボリック症候群うつ病のリスクが増大するという報告がある為、注意が必要です。

では今回ご紹介する生姜とテストステロンに関する研究についてです。

生姜を食べるとテストステロンが増える? 抗酸化作用でアンチエイジング効果も?

今回の論文はヨルダン科学技術大学のもので、生姜にはテストステロン値を上げる効果と抗酸化作用によるアンチエイジング効果があるかもしれないよ?というものです。

今回の論文ではラットを扱っているのですが恐らく人間でも同様の効果があるのではと考えられます。
まずテストステロンの値についてですがなんと生姜をそのまま食べるのも良し、茹でた煮汁でも生姜のエキスでも良しとのことで、どれを用いた場合でもテストステロンの増大が見られたそうです。

また、抗酸化作用によるアンチエイジング効果についてですが、生姜にはジンゲロール、ジンゲロン、 ジンジベレン、グルコシド-6-ジンジャージオール、フラボノイド等様々な抗酸化作用を持つ物質が含まれています。
これらの物質は酸化ストレスの減少や抗酸化防御の強化に働くため、アンチエイジング効果が期待されます。

テストステロンを増やすだけでなく、アンチエイジング効果もある、活力ある毎日を送る為には最強の食べ物と言っても良いのかもしれませんね。

生姜にはどんな食べ方が?お勧めの方法は?

でもいきなり生姜がお勧めと言われも困ってしまいますよね。
どの様に食生活に取り入れたら良いのかも分かりませんし。
そこでいくつかお手軽な摂取方法も簡単にですが紹介したいと思います。

生姜パウダーでお手軽に毎日生姜を摂取

一つ目は生姜パウダーを購入し、それを利用するという方法です。
生姜パウダーですと長期保存も可能ですし、気軽に利用も出来ます。
例えばお茶やコーヒーに入れる事でホットジンジャーティーやホットジンジャーコーヒーにしてもいいですし、ホットミルクに入れる事でホットジンジャーミルクとしてもいいですね。

個人的なおすすめは夜眠る前に温かいミルクに黒糖と生姜パウダーを入れる事でホットジンジャーミルクとする事です。
身体もぽかぽかと温まりますし、ぐっすり眠る事が出来るのではないでしょうか?
黒糖に関しては以下の記事でも紹介しています。

また、スープに入れるのもお勧めです。
豆乳スープなどに入れるのもいいですね。

         

ドライジンジャーをおやつ代わりに?手軽に美味しく健康効果!

次にお勧めなのがドライジンジャーです。
ドライジンジャー?なに?と思う方もいるかもしれませんが、簡単に言いますと生姜のドライフルーツです。
こちらは食べやすいだけでなく、手軽にある程度の量を摂取できるためおすすめです。
小腹がすいた際にも良いですしね。
欠点は毎日食べるには飽きる可能性がある事でしょうか。
こちらも長期保存が可能です。

以上、生姜がテストステロンを上げ、更にアンチエイジング効果もあるかもよ。という記事でした。
いかがだったでしょうか。
是非生姜を食べて活力のある毎日をお過ごしください。

他の筋トレの記事はここをクリック!

他のテストステロンについての記事はここをクリック!

他の健康科学の記事はここをクリック!

参考文献
堀江重郎、「男性更年期障害(LOH症候群)」 『日本内科学会雑誌』 2013年 102巻 4号 p.914-921

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AC

Evaluation of androgenic activity of Zingiber officinale and Pentadiplandra brazzeana in male rats.
Kamtchouing P et al. 2002
Safety and efficacy of Zingiber officinale roots on fertility of male diabetic rats.
Shalaby MA et al.2010
Dietary supplementation of ginger and turmeric improves reproductive function in hypertensive male rats.
Akinyemi AJ et al. 2015
Ginger and Testosterone.
Banihani SA. 2018
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

タイトルとURLをコピーしました