お酒 健康科学 発酵食品

ビール一日一杯で健康に?実はビールは優秀な健康飲料?

スポンサーリンク
お酒

こんにちは。
発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
発酵食品は注目されているにも関わらず何かと目の敵にされがちな発酵飲料であるビールですが、一杯程度の少量であれば健康に良いという研究を紹介します。

ビールにはポリフェノールが豊富?

赤ワインポリフェノールが豊富で、抗酸化作用がある為老化防止に効果的で体にいいという話は皆さん聞いたことがあると思います。
実はビールも赤ワインと同様にポリフェノールが豊富で抗酸化作用を持つという事は知っていましたか?


「ビールと赤ワインの生体内抗酸化活性に対する影響」日本栄養・食糧学会 2002年7月21日 より引用

上記の図は アルコール換算で等量のビールと赤ワインの水溶液をラットに投与し、ビールとワインの抗酸化作用の比較を行ったものです。
この結果、ビールはワインよりも高い抗酸化能を持つ事が明らかになりました。
つまり、ビールは赤ワイン以上に老化防止効果を持つ可能性があります。
また、ビールはビタミン類の栄養素も豊富で戦後には栄養飲料として販売されていたという歴史もあります。
では、人間での研究でビールの摂取はどの様な結果が出ているのでしょうか?

少量のビールで病気のリスクも下がり健康に?

そもそも少量のビールとはどのくらい?

今回の実験ではアルコール依存症へのリスク、また実験結果の比較から、少量のビールを女性では330 mLを一杯男性では330 mL を二杯と定義しています。
勿論個人差もある為、参考としてください。

ビールを少量(1,2杯)飲むことでで骨密度が上昇する?

今までの研究で、ビールなどのアルコールの大量摂取はビタミンD生産を低下させ、カルシウムの尿からの排出を促進してしまう事が明らかになっています。
つまり大量のアルコール摂取は骨粗鬆症を引き起こすと言われてきました。

しかし、今回の研究で分かったのは一杯程度の少量のビールではむしろ骨密度を上げるという事でした。
少量のビールを日常的に飲んだ人々はそうでない人と比べ骨密度がより良い数値を示しており、少量のビールを飲んだ結果と大量のアルコールを飲んだ結果では反対の事が起きるという事が明らかになったのです。

一杯程度の少量のビールが心血管疾患のリスクを下げる?

今回の研究で少量のビールが心臓や血管の疾患のリスクを下げるという事が明らかになりました。
特に虚血性冠動脈疾患のリスクを下げる効果があるそうです。
これはビールに含まれているエタノールとポリフェノールによる影響です。

ビールに含まれているエタノールは血中脂質をより良い状態に保つのに働き、ポリフェノールは白血球や 血漿炎症バイオマーカー、 循環内皮前駆細胞(EPC)、血管機能などに働きます
これらの効果は心血管疾患のリスクを下げるだけでなく免疫力向上にも働くそうです。

一杯程度の少量のビールが腸内環境を改善する?

ビールにはポリフェノールが豊富に含まれているというお話をしました。
ポリフェノールは腸内環境にも良い効果を持っている事が明らかになっています。
今回の研究の結果少量のビールではビールに含まれるポリフェノールにより腸内の炎症が抑えられる他、ビフィズス菌などの身体に良い影響を及ぼすと言われている菌が増加し、悪い影響を及ぼすと考えられている菌が減少したそうです。

以上、ビールによる健康効果についてでした。
いかがだったでしょうか。
健康に悪いと思われがちなビールですが少量であればこんなにも沢山の身体に良い事があります。
これらのデータはどれも一杯程度の少量のビールが及ぼす良い効果であって、それより量が増えてしまうと身体に悪影響を及ぼす可能性があること、体質によっては個人差があること、これら2点にはちゅういしてくださいね。

それでは健康で明るい毎日をお過ごしください。

他の健康科学の記事はここをクリック!


[糖質ゼロ・プリン体ゼロ・人工甘味料ゼロ]キリン のどごし ZERO [ リキュール 350ml×24本 ]

キリン 一番搾り [ 350ml×24本 ]
PVアクセスランキング にほんブログ村

他の健康食品についての記事はこちら

参考文献
ビールの抗酸化作用に関する研究
キリンビールHP

Effects of moderate beer consumption on health and disease: A consensus document.
de Gaetano G et al.2016.

INTERNATIONAL GUIDE FOR MONITORING ALCOHOL CONSUMPTION AND RELATED HARM
World Health Organization. Dept of Mental Health and Substance Dependence. 2000

Effects of moderate beer consumption on health.
Redondo N, Nova E, Díaz-Prieto LE, Marcos A.2018.

Beer and beer compounds: physiological effects on skin health.
Chen W et al.2014

Effect of alcohol intake on bone mineral density in elderly women: The EPIDOS Study. Epidémiologie de l’Ostéoporose.
Ganry O et al.2000

Influence of red wine polyphenols and ethanol on the gut microbiota ecology and biochemical biomarkers.
Queipo-Ortuño M et al.2012

Wine, beer, alcohol and polyphenols on cardiovascular disease and cancer.
Arranz S et al.2012.

タイトルとURLをコピーしました