あなたのうがいはもう古い?科学者達がやっている最新のうがいとは?

スポンサーリンク
健康科学

こんにちは。勝瀬です。
今はインフルエンザの季節という事でうがいについての記事を書こうと思います。
あなたは今どの様なうがいをしていますか?
小さな頃から変わらず同じうがいをしているという方は時代遅れのうがいをしているかもしれません。

・あなたは今どの様なうがいをしている?

昔から風邪の対策の初歩の初歩とされているうがいですがあなたは今どの様なうがいをしていますか?
恐らく大半の人は水を口に含みのどをすすぎ、次にブクブクと口をゆすぎ、吐くという行為を数回繰り返しているのだと思います。
中でも健康に気を付けている方はうがい薬を用いる等をしてより徹底的に口や喉の洗浄をしている事でしょう。
これは外出した際に口の中や喉に付着した雑菌をゆすいで外に出すということが目的でしたよね。
むかしやんちゃだった方などは幼少期にご両親から帰ったらちゃんとうがいをしなさい!などと注意されることも多かったのではないでしょうか。
その様に誰もが風邪の対策として知っているうがいですが、最新の科学では最も効果的な方法はこの方法ではないとされています。
では最新の科学が推奨しているうがいとはどの様なものなのでしょうか?

・最新の科学で推奨されているうがいとは?

結論から言いますと現在の科学では喉や口をすすいだ後の水を吐かずに飲むのが最も良いとされています。
しかし、そう言われてもなんだか納得できませんよね。
そこでその理由を説明していきたいと思います。
まず今までのうがいの問題点ですが、今までのうがいでは喉の奥に存在する雑菌までうがいによって外に出す事は出来ませんでした。
しかし、最新のうがいでは使用した水を吐かずに飲み込むことで喉の奥に存在する雑菌をすすぐことが出来ます。
図を載せましたがメリットは一目瞭然ですね。

ただ、うがいは体の外に雑菌を出す事が目的なのに飲んで大丈夫なのかと不思議に思いませんか?
それが問題ないんです。
なぜなら飲み込んだ水はそのまま胃に到達して、雑菌達は全て胃酸によって殺菌されてしまうからです。


胃酸は金属をも溶かす事が出来る程強い酸ですので雑菌達はひとたまりもありません。
ただ、このうがい方法にもデメリットはあります。
一つ目は気持ちですね。
理屈が分かっていてもうがいをした水を吐かずに飲み込むのはなんだか嫌ですよね。
これに関しては慣れて乗り越えてもらう他にありません。
二つ目は外食をして帰ってきた場合には注意という事です。
食事を摂った後では胃には沢山の食べ物があり、うがいによって飲み込んだ水をしっかりと殺菌できない可能性があります。
基本的には殺菌できると考えて間違いは無いのですが、胃が弱っている時などは注意です。
そういった際には昔ながらのうがいを数回行った後に最新のうがいを行いましょう。
そうすることで胃に落ちる雑菌の量も減り、確実に殺菌できるようになります。

・更にうがいの効果を高めたいあなたへ

最新のうがいを行うだけでも風邪の対策としては効果大ですがここでは更にうがいの効果を高めたい方へお勧めの方法を手案します。
まず一つ目はコーヒーでのうがいです。
コーヒーの殺菌効果は昔から知られています。
これを最新のうがいと組み合わせることで殺菌効率を高め、より効果的なうがいを行うことが出来ます。
しかし、コーヒーでのうがいとなるとちょっと顔をしかめた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
次におすすめなのが緑茶でのうがいです。
緑茶もコーヒー程ではありませんが殺菌効果を持っています。
緑茶でのうがいならコーヒー程抵抗感はないですよね。
更に緑茶に含まれているカテキンには抗酸化作用(アンチエイジングで有名な作用)、テアニンにはリラックス効果カフェインには脂肪燃焼効果があるとされています。
それだけでなく緑茶は飲むことで疲労感が有意に減少するという報告もあります。
こうなったら緑茶で最新式のうがいをするしかないですね。

以上、最新のうがいについてでした。
いかがでしょうか。
最新のうがいをする事で風邪に負けない健康的な毎日をお過ごしください。
もしよろしかったらTwitterだけの健康情報も流していますのでフォローを宜しくお願い致します。
勝瀬敏行のTwitter

食事でも免疫力を高めたいあなたには以下の記事をお勧めします。

圧倒的コストパフォーマンス×健康効果!どこにでもある最強の健康食品とは?

現在注目されている甘酒の真実と隠された効果とは?

タイトルとURLをコピーしました