圧倒的コストパフォーマンス×健康効果!どこにでもある最強の健康食品とは?

スポンサーリンク
健康科学

こんにちは。勝瀬です。
今回は腸内細菌が大事であったり、〇〇が健康に良いであったり様々な話を聞くけど情報が多すぎて何を食べたらいいのか分からない!という方に向けた記事です。
ランキングではないですが、身の回りにある手軽に購入できるもので効果のあるおすすめのものを紹介しようと思います。

・安さ×手軽さ×健康効果!どこでも手に入る最強の健康食品とは?

健康食品と言われる食品は沢山の種類がありますが、最近その中でも発酵食品の健康効果が注目されていますね。
初めにご紹介するのはズボラだけど健康も気になる…安くて手軽な健康食品はないの?という方にピッタリの発酵食品です。

結論からいいますと、それは納豆です。
納豆菌はとても強い菌で毎朝食べるだけで腸内環境を改善してくれます。
どれぐらい強い菌かと言いますと、私が所属していた研究室では納豆を食べてはいけないという禁止令が出ていました。
なぜなら納豆菌があまりにも強すぎるせいで、納豆を食べた後に実験を行うと様々なサンプルに納豆菌が混入してしまうからです。
ですので、研究室に持ち込むのは禁止、更には服や髪の毛に菌がついていても困るため、朝ごはんに家族が納豆を食べるのも禁止でした。

そんな強い納豆菌ですのでそのままはもちろん、納豆チャーハンなどにして火を通しても死滅しません。
お好きなように召し上がってください。
しかし納豆菌はかなり強い菌ですので、他の発酵食品を工夫して食べている場合腸内環境に影響がでるのでは?という話もあります。

しかし、何ら問題もありません。
納豆菌は好気性細菌と言って、酸素がないと生きていけない菌です。
腸内は酸素が足りず死滅してしまう為、腸内細菌に悪影響を及ぼす事はほとんどないでしょう。

納豆は優れたタンパク質、アミノ酸を多く含む食品でもあるので毎朝 1 パック是非食べてください。

・他にはないの?というあなたへ、迷ったら乳酸菌を摂ろう!

納豆だけじゃ不安だという方や、もっと色々な種類の発酵食品を摂りたい!という方には乳酸菌発酵食品をお勧めします。
乳酸菌は人間との関わりが強い菌で、赤ちゃんの頃には腸内には沢山の種類の乳酸菌がいます。
赤ちゃんの便を見たことがある方は分かるかもしれませんが、大人のものより黄色がかっており、匂いも乳酸菌の匂いが強いです。
段々と大人になるにつれて食生活が変わってしまう為に腸内細菌の種類や量が変わることで腸内環境が変化し、便の様子もかわってしまうんですね。
乳酸菌を毎日摂って健康な腸内環境を取り戻す為にも、おすすめのものを何種類か挙げますね。

・ヨーグルト

言わずと知れた乳酸菌発酵食品ですね。
腸内環境は2-3日で変わってしまうと言われています。
出来れば毎朝少しでも食べるようにしましょう。
ヨーグルトを作るのは簡単で、牛乳とタッパー、ヨーグルトさえあれば簡単に作れてしまいます。
今度ヨーグルトの作り方をブログにまとめますね。
待てない!という方は買ってきたばかりの牛乳に開けたてのヨーグルトを綺麗なスプーンで1,2杯程入れて封をしたまま常温で置いといてみてください。(牛乳パックから他の容器には移さないでください)
簡単にヨーグルトが出来ますよ。夏場だと1晩、冬場だと2-3日程でしょうか。
冬場でも暖房をつけていれば室温で一日で出来ます。
買ってきたばかりの牛乳やヨーグルトを使用するのは雑菌の混入を防ぐためです。
出来たヨーグルトのとろみが強い場合は雑菌が混入した可能性がある為お気を付けください。
また作る際には手をしっかりと洗ったり、衛生管理をしてくださいね。

・キムチ

韓国からやってきた食品ですが今では日本中どこでも見られるキムチ。
実はキムチも発酵食品なんです。
ただ、日本のスーパーではキムチの味のタレに漬けただけの発酵食品ではないキムチも出回っているので気を付けてくださいね。
迷ったら乳酸菌入りや発酵食品と書いてあるものを買えば大丈夫です。
恐らく原材料名などが書かれている欄の一番上に発酵食品などと書かれていると思います。
手軽に食べることが出来て美味しいキムチですが欠点があります。

それはキムチに含まれているニンニクです。
ニンニクには強い殺菌効果がある為、身体に良いからと大量にキムチを食べていると逆効果になってしまう可能性もあります。
食べ過ぎることなく程々に食べましょう。

・乳酸菌と相性が良い菌がいる?乳酸菌+〇〇菌でもっと健康になろう!

腸内環境といえば乳酸菌のイメージが強いですが乳酸菌や他の菌をより元気にする菌がいるのをご存じですか?
それは麹菌です。
私のブログでは麹菌の健康効果について述べる事が多いため、気づく方はすぐ気づいていたかもしれませんね。

麹菌を始めとするカビ類には他の菌の移動を助けたり他の菌を元気にする働きがあるのではないかという事が言われています。
乳酸菌の仲間とカビの仲間を一緒に顕微鏡で見てみると面白い事に乳酸菌はカビの周りに寄ってきてカビの身体を沿うように移動します。
この移動速度は乳酸菌だけで存在する時よりも遥かに速く、二つの菌が共生関係にあるのではないかと考えられています。
そんな麹菌ですが麹菌食品にはどの様なものがあるのでしょうか。

・甘酒

まずは皆さんご存じの甘酒です。
甘酒については以下のページでまとめていますのでそちらを是非ご覧ください。
現在注目されている甘酒の真実と隠された効果とは?

・味噌、醤油

毎日のように見かける調味料である味噌や醤油も麹菌を利用した発酵食品です。
味噌や醤油は保存性も高く、様々な種類の料理に使えるためおすすめです。
毎日少し醤油をつけてみたり、朝に味噌汁を飲むだけでも効果があると思いますので続けてみてください。

・塩麹漬け

最近注目されている塩麹ですが、とてもおすすめです。
麹菌はタンパク質を分解してアミノ酸にする働きに優れています。
その為塩麹にお肉や魚を漬ける事で柔らかくなるだけでなく吸収が良くなり、旨味も増します
更には塩麹が持つ発酵食品としての栄養素も同時に摂る事が出来ます。
これと同じことが甘酒に漬ける事でも出来るのでそちらもおすすめです。

以上、手軽に摂れる発酵食品についての記事でした。
参考に麹菌の世界では有名な先生の本を下記に載せておきます。
発酵食品に興味のある方は是非ご覧ください。
この記事を見た今日からでも発酵食品を摂り始めて健康な生活を送りませんか?
もしよろしかったらTwitterでも健康情報を流していますのでフォローを宜しくお願い致します。
勝瀬敏行のTwitter
では皆さん健康で楽しい毎日をお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました