オーガニック食品は危険?オーガニック食品のメリットデメリット

健康科学

こんにちは、勝瀬です。
最近オーガニック野菜(有機野菜)が流行っていますね。
オーガニック野菜専門店やオーガニック野菜のみを使うレストランなどが街中でも多く見られるようになってきました。
しかし、いいところだらけに思えるオーガニック野菜にもメリット、デメリットがあるのを皆さん知っていましたか?

・オーガニック野菜ってなに?

定義は国で定められており、とても簡単に述べますと遺伝子組み換え作物に該当せず化学肥料や化学合成農薬を使用せず、その栽培を行う前、二年以上有機的に土づくりを行ったものです。
ちなみにオーガニック=無農薬ではありません
天然成分を利用した農薬であったり、一部の農薬は使用してもオーガニックの認定を受けることが出来ます。
オーガニックの野菜は割高ですが美味しくて健康に良いイメージが強いですよね。
ではオーガニック野菜を食べるメリットやデメリットとは何でしょう?

・オーガニック野菜を食べるメリット・デメリットとは?

この項ではメリットとして挙げられるものを箇条書きで紹介していきたいと思います。


・健康に良い
これが一番メリットに挙げられるものだと思います。
確かに化学肥料や化学合成された農薬を使用していない分健康に良さそうですよね。
確かに化学肥料や化学合成された農薬を使用いない点では健康にいいと言えます。
私の記憶が確かであれば、ラットを用いて健康に影響が出ないとされている濃度の1%が作物から検出された場合アウトであるとされています。
これは非常に微量ですが、今までの歴史がそうであったように現在の科学で分かっていないだけで将来危険性が明らかになる農薬が出てくる可能性は否定できません。
しかし、オーガニック野菜が健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。
一部の農薬は作物を菌などの病害から守ろうとして開発されたものです。
つまりオーガニックの野菜は農薬を使用した場合と比べ、病原体への感染リスクが高い場合があります。
感染する可能性がある病原体が存在する条件下と存在しない条件下、どちらがリスクが高いかは明白ですね。
また、オーガニックの野菜は長期保存に向かない場合がある為、出来る限り早く食べるのがベストです。

Q. オーガニックの方が腐敗するのが遅いと思いますがなぜですか?
A. オーガニックの野菜はそうでないものに比べ近郊で取られていたり輸送のストレスが少ないケースが多いです。同じ条件ではオーガニックの野菜の方が足が早くなると考えられます。
Q. オーガニックの野菜は病原体感染リスクの影響で免疫が強くなっており健康にいいです。
A. 免疫系が強くなっている可能性はありますが、病原体感染リスクが高い状態での栽培ですので健康リスクもあります。また免疫系が強くなっていても健康に良いとは限りません。

・オーガニックの野菜の方が自然の味がして美味しい
これもよく言われますね。
まず、自然の味がするという点においてはその野菜の種類に依存している可能性もあります。
例えば人参ですが、ある程度以上の年齢の方になると昔人参が苦手だったという層が増加する傾向にあります。
昔の人参は品種改良の進んだ今の甘い人参とは違い、強烈な苦みがありました。
このように種類に応じて全く味が違うものを比較して自然の味がするというのは少々無理やりが過ぎるようにも思えます。
次に美味しいという点ですが、オーガニックの野菜の方が美味しいものが多いという傾向は確かに感じます。
そもそもオーガニックの野菜を栽培している方には、敢えて手間のかかるオーガニックの栽培を選んでいるという事もあり、こだわりを持って野菜を栽培している方が多い傾向にあるよう思えます。
その為、美味しいものが多いという点には私も同意です。

・オーガニックの野菜の方が栄養がある
これに関しては、オーガニック野菜とそうでないものを比べた比較実験で栄養素の量には差がない事が証明されています
つまり今の段階の科学ではオーガニック野菜がそうでない野菜と比べて栄養があるという事は全くの嘘という事です。
ただ、残留農薬が栄養吸収に関与する可能性については完全には否定できません
そこで含まれている栄養素は変わらないが、食べるならばオーガニック野菜がいい。という事が言えます。

・化学肥料や農薬は禁止するべき?

近年週刊誌等で〇〇株式会社の〇〇から農薬が検出!などの記事を見る事があります。
週刊誌は面白いもので、とにかく記事にする為に見る人が見たら笑ってしまうような実験データを持ってきて議論を展開する場合も数多くあります。
例えば一つのサンプルを扱い、そのサンプルから基準値を大幅に下回る量の農薬を検知してその製品全てがそうであるかのように騒ぎ立てていたり…。
1つがそうであれば全てがそうであるかのように記載するのもおかしいですし、基準値内のものを騒ぎ立てるのもおかしいですよね。
また、農薬の検出の際に用いられている単位、ppm ですがこれは1/1000000 を表しており、0.01 ppm の農薬と言いますと1/100000000 の量、東京ドームで例えますと東京ドーム 5 杯分の水に人一人が浮いている程度となります。
検出限界レベルの農薬が混入するという話もよく分かるのではないでしょうか。

また、世界の食糧不足を解決するためにも化学肥料や農薬の禁止は難しいと考えられます。
詳しいデータは忘れてしまったのですが、私達が利用しているカロリーを含むエネルギー量は私達が太陽光から得ているエネルギー量を超えており、エネルギー消費的に赤字が続いています。
現在はこの赤字を過去にエネルギー源として蓄積された石油で賄っている状態です。
より効率的にエネルギーを使うにはより少ないエネルギーでより多くの作物を得る必要があります。
オーガニックはそうでないものと比べて作れる作物が少なく、また病害でダメになる可能性も高いです。
そうなりますとどうしても科学の力に頼らざる得ません。

ではオーガニックを正しく利用するにはどうすればいいのか、次のページでご説明します。

タイトルとURLをコピーしました