健康科学 食による健康効果

フルーツジュースは飲んではいけない?身体に良いんじゃないの?

スポンサーリンク
健康科学

発酵学研究者が語る健康とエビデンス管理人の勝瀬です。
今回はフルーツジュースについての論文をまとめてみました。
フルーツジュースを毎日健康の為に飲んでいる方は多いのではないでしょうか?
結論から言いますと今回の内容を参考にすると、フルーツジュースの飲み過ぎは危険です。
正しく摂取する事で健康な食生活を送りましょう。

フルーツジュースを飲むメリットとは?

ジュースには少量のタンパク質とミネラルが含まれています。
それだけでなくジュースには、カリウム、ビタミンA、およびビタミンCが自然に多く含まれています。

ある研究ではジュース中のビタミンCとフラボノイドは、癌や心臓病のリスクを減らすなど、有益な健康効果をもたらす可能性があるとされています。
また、ビタミンCは鉄と同時に摂取する事により鉄の吸収を2倍にすると言われています。
近年鉄不足の方が増えているという話もありますし、ジュースは食事と共に摂り易い為、鉄分を多く含む食事と合わせやすく大変効果的ですね。

フルーツジュースが健康に悪影響なの?

フルーツジュースには消化不良のリスクがある

ジュースには主に、ショ糖、ブドウ糖、果糖、ソルビトールの4種類の糖が含まれています。
ブドウ糖と果糖の濃度が同程度の際に最も吸収が良いとされており、果糖がブドウ糖の濃度を越えていくと消化不良が起きると言われています。
同程度のものには白ブドウジュース、果糖がブドウ糖の濃度を越えているものには梨ジュース、リンゴジュースなどがあります。

消化不良などにより吸収されなかった炭水化物は消化管に浸透圧ストレスというストレスを与え、下痢を引き起こすという報告があります。
皆さんもジュースの飲みすぎでお腹を壊した事はありませんか?
それはこの浸透圧ストレスが消化管に与えられた為に引き起こされた可能性が高いと言えます。
お子さんの下痢の原因がフルーツジュースであったというのは良くある話です。

また、過剰摂取をすると、慢性の下痢、鼓腸、膨満感、腹痛を引き起こす可能性があるとされています。

「そんなこと言われてもフルーツジュースなんてそこら辺にあるし大したことないじゃん?」と思っていませんか?
北米小児消化器病学肝臓学栄養便秘ガイドラインという北米の医師の便秘に対する対処法案内の様なものがあるのですが、その中にも「便秘の際にはプルーン、ナシ、リンゴジュースなどの一部のジュースに含まれるソルビトールやその他の炭水化物を活用して、便の頻度と水分量を増やすこと」という記載があります。
便秘への対処法としても広く認められているものなのです。

フルーツジュースには食物繊維が含まれていない

この見出しを見てなんだ食物繊維か、と思っっていませんか?
食物繊維が含まれていないのはとても大きな問題です。

果物を食べた際には食物繊維を同時に摂取する為、食物繊維が糖の吸収を抑え血糖値が穏やかに上昇していきます。
しかし、フルーツジュースには食物繊維が含まれていない為、果物を食べた場合と比べて急激な血糖値の上昇が見られます。
血糖値に関しては肥満や糖尿病などの関係で気にしている方も多いのではないでしょうか?

また、食物繊維は腸内環境を整える上で大切です。
免疫や肥満、様々なものに腸内環境は影響しているとされており、腸内環境を疎かにしては健康を語ることは出来ません

じゃあフルーツジュースはどのくらい飲んでいいの?

推奨量は1日コップ一杯程度です。
基本的には果物を食べるようにしてください。

フルーツジュースは果物が足りない時に補う為に飲むという認識でいれば問題ないと思います。
フルーツジュースは栄養が豊富であると考えがちですが、カロリーや糖質の高さを考えると栄養摂取としては不向きであるともされています。
ただ、果物を沢山食べるのは正直難しいと思います。

その為私は自宅で果物や野菜をミキサーにかけて飲んでいます。
自宅でミキサーにかけるのならば食物繊維も同時に摂れますし、健康にも良いと言えます。
新鮮、更に美味しいとフルーツジュースは最高の飲み物ですよね。
私は以下のミキサーを使用しています。
水だけを入れてボタンを押せば簡単に洗えるなんてとても便利ですよね。

値段的にも高くありませんし、買わずに子供達や自分の健康を害するぐらいならと購入しました。
病気になってしまったらむしろ高くつきますしね。

以上、フルーツジュースについてでした。
いかがでしたか?
正しい食生活を送る事で健康的な毎日をお過ごしください。

合わせて読みたい健康科学の記事一覧

健康科学の記事一覧に行くには画像をクリック

タイトルとURLをコピーしました