現在注目されている甘酒の真実と隠された効果とは?

健康科学

こんにちは、勝頼です。突然ですが皆さんは甘酒を飲んでいますか?
全く興味が無い方からブームに乗っかり飲み始めた方まで様々だと思います。
そこで今回は甘酒の健康効果について書きたいと思います。

・そもそも甘酒とは?

甘酒が最近流行になっていますが皆さん甘酒がそもそも2種類あることはご存じでしょうか?
甘酒は麹菌を用いた発酵食品で、甘酒には酒粕甘酒と米麴甘酒というものが存在します。


・酒粕甘酒

原料…酒粕
わずかにアルコールを含む
日本酒を造る際に日本酒を絞る段階があるのですがそれを絞った残りが酒粕です。
わずかに日本酒の成分が残っていますのでアルコールが残っています。
酒粕をお湯に溶いて砂糖などの甘味や塩などを加えたものが酒粕甘酒です。
日本酒の発酵に使われた酵母などの栄養素も含まれており、簡単に出来て栄養がたっぷりという特徴があります。

・米麴甘酒

原料…米麴、米
アルコールを含まない
たっぷりの水でお米を炊いて作ったお粥に米麴を加えて混ぜたものを一晩ほど60℃程度で保温して造ります。
近年健康効果で大注目されています。

・別名飲む点滴?

甘酒はその栄養価の高さから別名飲む点滴とも呼ばれています。
元々甘酒は酒蔵さんが夏場は雑菌が繁殖してしまう為に酒造が出来ず、副業として製造を始めたものです。
そういった理由もあり米麴甘酒は夏の風物詩となっています。
余談ですがそういった理由もあり元旦に主に飲まれているのは主に酒粕甘酒です。
酒粕甘酒を飲んで甘酒に苦手意識を持っている方も多いのでは?

・甘酒は良質なエネルギー源?

米麴甘酒はブドウ糖、麦芽糖、乳糖など様々な種類の糖質を含んでいます。
その為吸収も良く疲れた際にはぴったりです。
それだけでなくチアミンやナイアシンやビタミンB6など日常生活で不足しやすいビタミンB群を多く含みます。
ビタミンBが不足していると疲れやすいと言われており、疲労時にはビタミンBを摂取すると元気が出る効果があります。
例えば武田製薬さんが出している疲労回復で有名なアリナミンという錠剤がありますが主成分はビタミンB群です。
是非見かけた際にチェックしてみてください。
また、ビタミンB群だけでも素晴らしいのですが米麴甘酒はナトリウムやカリウム、マグネシウム、鉄分など様々なミネラルを含んでいます。
飲む点滴と呼ばれるのも納得ですね。

・甘酒で肌がきれいになる?

ここからは甘酒に関する研究で明らかになった効果について説明していきたいと思います。
まずはマルコメさんと森永製菓さんの研究結果で明らかになったものです。
甘酒は
・肌の保湿効果
・クマ改善効果
・皮脂抑制効果

を持つとされています。順番に見ていきましょう。

・甘酒の持つ肌の保湿効果

これはマルコメさんの研究で64名の女性に米麴甘酒を毎日1本(125 mL)飲んでもらい、飲む前と飲み始めてから4週間後、8週間後の肌の水分量と肌から出ていく水分量を比較したものになります。
水分量の変化は左腕、出ていく水分量の変化は頬を用いた研究であった為、どちらとも効果的であった場合全身に効果がある可能性が高いと考えられます。
この実験の結果、甘酒を飲んでいない人達と比べ、飲んだ人達は4週間後、8週間後共に肌の保湿効果が優れていました。

・甘酒の持つクマ改善効果

こちらは森永製菓さんの研究で17名の女性に朝晩お湯で溶かすタイプの酒粕と米麴を含む甘酒を100 mL ずつ飲んでもらい、飲む前と1か月後のクマの明るさ等の健康効果、そして皮膚の表面温度を調べたものとなります。
この結果甘酒を飲んでいた人達では飲んでいない人達と比べ目の下のクマが明るくなるだけでなく、髪のツヤ朝の目覚めの改善皮膚の表面温度の1℃近い上昇が見られました。
体温は免疫にも関わっている為健康改善効果があったと言えるでしょう。

・甘酒の持つ皮脂抑制効果

森永製菓さんの研究で17名の女性に朝晩2回甘酒を飲んでもらい、飲む前と飲む後の頬の皮脂の量を比較したものになります。
この結果甘酒を飲んでいた人達は飲んでいない人達と比べて皮脂の量が大きく低下していました。
またそれだけでなく今回の研究で森永製菓さんはハムスターの脂腺細胞に米麴又は酒粕を薄めたものを添加した際の細胞の変化についても研究していました。
その結果、米麴、酒粕両方で細胞が脂肪を蓄積する能力の低下が見られ、米麴ではそれだけでなく細胞に蓄積する中性脂肪の大きな減少も見られました。
つまり米麴甘酒は皮脂の量を低下させるだけでなく、中性脂肪が溜まるのを防ぐ可能性があると言えます。

次のページでは甘酒の腸内環境を改善する効果などについてお話します。


タイトルとURLをコピーしました